採用情報

事業紹介

採用情報 > 事業紹介

テクノロジー教育事業

ハイレベル・プログラミングスクール「DIVE INTO CODE」

私たちは、渋谷およびオンラインでプログラミングスクール運営をしています。
スクールで提供する教育分野は2つに大別されます。

  1. 即戦力コース「Ruby/Ruby on Rails」
    https://diveintocode.jp/
  2. エキスパートAIコース「Python、数学など」
    https://diveintocode.jp/ai_course


プログラミングスクールとしての特徴は、

  • 実務で活躍できるようになるまでのレベルと長期のサービスを提供
    即戦力で求められるスキルを濃縮したテキストを自社開発。学習期間は半年間以上のハイレベル志向です。
  • 受講生同士のコミュニティ形成にチカラを入れている
    ディスカッション授業や勉強会、定期懇親会で交流を深めます。卒業生は半永続的に所属可能です。
  • 外部見識者の前での成果発表の機会がある
    「DEMODAY」を定期開催。起業家やエンジニア、VCの方々が審査員としてご来場いただいています。

いずれのコースでも、卒業すると第一線で活躍できることを目指しています。
 

その他 実績

3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座

累計3,000人以上が参加しているRailsの登竜門セミナーです。

▼講座動画はこちらからご覧ください▼
https://www.facebook.com/diveintocode.jp/videos/861168880688236/


▼講座資料はこちらからご覧ください▼
https://www.slideshare.net/norotime/rubyonrails-42709667
 

RubyWorld Conference 2016 登壇

「ゼロから稼げるエンジニアになる3つのステップ」

約800名が参加する日本最大のRubyの祭典 RubyWorld Conference にゲスト登壇いたしました。


▼講演資料はこちらからご覧ください▼
http://2016.rubyworld-conf.org/files/program/B-3.pdf
 

学習プラットフォーム事業

オンラインプログラミング学習サービス「DIVER」

すべての人が広く学習ができるプラットフォーム事業です。
「DIVE INTO CODE」で使用される課題解決型のオリジナル教材の中から、初級者でも独学可能なテキストの一部をWeb上に無料公開しています。

DIVER
https://diveintocode.jp/diver

今後、リアルタイムコミュニケーションや多言語対応を進め、国境や言語、地理的格差の突破を目指しています。
 

システム開発事業

卒業生による開発サービス「SECONDTEAM」

全課題を突破した卒業生が、DIVE INTO CODE自身や卒業生、企業が新規事業などでプロトタイプとして開発する案件などを受託し、報酬をもらいながら実務での開発経験を積む機会を得るための事業です。

SECONDTEAM
https://diveintocode.jp/secondteam

その他、事業紹介と実績の詳細は、こちらの資料にも記載しております。よろしければ、ご覧ください。
https://www.slideshare.net/norotime/dive-into-code

  • このエントリーをはてなブックマークに追加